仕事でパソコンに人の名前を打ち込むことが多く、そのときに名前を間違えてタイプすることがけっこうあるので困っていました。

たとえば

 

「菊地」

 

 

「菊池」

 

のような間違いです。

 

「名前を間違えてしまいました」

 

ということは避けたいのでどうにかしなければと焦っていたときに、友人がえんきんについて教えてくれました!

えんきんは、ファンケルが発売している人気の高いアイケアサプリです。

疲れ目や眼精疲労を感じている人は、えんきんの広告を見て

 

「試してみようかな?」

 

と考えたことがある人も少なくないでしょう。

そこで今回は、私が実際にえんきんを摂取して思ったことや購入する前にえんきんについて調査したことなどをご紹介していきますね!

 

ファンケルえんきんの特徴!

えんきんは、目のサプリメントになります。

目に良い食品というとブルーベリーをイメージする人が多いのですが、えんきんもブルーベリーのサプリメントです。

普段生活をしていて

 

「夜が近づいて薄暗くなると車の運転が不安」

 

「読書をすると目が疲れる」

 

「離れたテレビの画面が見えにくい」

 

ということがある人に、ファンケルのえんきんをおすすめします。

 

「目が疲れなかったらもっと読書をしたい」

 

とか

 

「好きな映画を見ていても目が疲れるので途中で休憩が必要」

 

というようなストレスが、えんきんを摂取することによって少なくなると嬉しいですね。

 

えんきんはどうして人気があるの?

臨床試験を行った安全な商品

えんきんがどうして人気があるのかというと、臨床試験が行われている安全な商品で効果も実感できるからです!

えんきんは、機能性表示食品の認定を受けています。肩のこりや首のこりに悩んでいる人にも改善の効果が期待でき、4週間の臨床試験ではピント調節向上が確認されました。

スマホ、パソコン、新聞などを見ているときに

 

「最近目が疲れやすい」

 

「文字が小さくて見えにくい」

 

「文字がかすんで見える」

 

などと悩んでいる人には、特にえんきんをおすすめします!

スマホなどを見ていると、時間がすぐに経ってしまい目が疲れてしまうことが多いですよね。

 

肩こりは目の疲れが原因となっていることもあります。

目が疲れるとカラダに力が入りすぎるので、肩が凝るのです。

ブルーベリーサプリメントはたくさん販売されていますが、臨床試験で効果が実証されたブルーベリーサプリメントは、実は国内ではえんきんだけって知っていましたか?

 

サプリメントは口に入れる商品なので、安心で安全で効果があるものを選びたいため、えんきんを選ぶ人が多いというのは納得できますね!

 

ファンケルえんきんはテレビCMにも積極的

大手企業のファンケルは、俳優を起用して積極的にテレビでCMを行っていますね。

そのCMを見て、ファンケルのえんきんを知って購入する人も少なくありません。

ファンケルの人気商品の一つであるえんきんは、毎年売上が伸びています。

 

目のサプリメントには、ルテインの他に、ビルベリー、アントシアニン、プラセンタなどたくさんの種類のサプリメントが販売されています。

でも、よく知らない販売会社の目のサプリメントや海外から日本に輸入された目のサプリメントを摂取するのは、不安を感じてしまいますよね。

 

サプリメントによっては効果を感じることができないだけでなく、状態が悪化したり体調が悪くなったりするものもあるため、信頼できる販売会社のサプリメントを選ぶことが大切です。

 

お試しがあるので手軽に試せる!

ファンケルえんきんには、お試しが用意してあります!とても良心的ですね。

いきなり定期コースで購入となるとためらってしまいますが、お試しがあれば手軽に試すことができます。

ファンケルの

 

「4週間試してその良さに納得いただけたら定期コースで申し込んでくださいね」

 

というようなメッセージには、誠実さと商品に対する自信を感じます。

ブルーライトにさらされたりピント調節に不安を抱えたりしている人は、まずはお試しを購入してえんきんの良さを感じてみてくださいね!

 

えんきんを摂取した体験レビュー!

えんきんが到着!

様々な健康食品を注文したことがありますが、ファンケルの商品はけっこう早く届けられたので好感が持てます。

注文してから2日後には、ゆうパケット(メール便)でポストに届けられていました。

丁寧に梱包された封を開けてみると、不必要なチラシなどは同梱されていません。

 

えんきんが2袋入っています。

1袋が2週間分なので、4週間分のお試しということになりますね。

2袋入っていると、得した気分になります!

 

えんきん以外の同梱物

えんきん本品以外には、挨拶文、大人のための目の健康BOOK、定期コースの「健康・得楽便」の紹介、などが同梱されていました。

ファンケルの冊子は、大きさが同じでシンプルです。

大人のための目の健康BOOK

大人のための目の健康BOOKでは、目のストレッチ方法や加齢黄斑変性チェックシートなど色々と紹介されています。

目のストレッチ方法では、あんぐり開いた口の図がどことなくカワイイです。

目の健康BOOKで紹介されている

 

「疲れ目にきく!目のぐるぐる運動」

 

は簡単なので、空いた時間に手軽に行いやすいでしょう。

親近感がわく絵もいいですね。知り合いのおじさんやおばさんにこんな人いるっていう感じです。

えんきんの配合成分について

サプリメントを摂取するときは、効果を実感できるかどうかも大切ですが配合成分も気になります。

なので、まずはえんきんの主な配合成分を見ていきましょう。

ルテイン 10mg
DHA 50mg
シアニジン-3-グルコシド 2.3mg
アスタキサンチン 4mg

上記の表からわかるように、ルテインは10mg配合されています。

ルテインは1日に1mgくらいの摂取が理想的なので、えんきんを毎日摂取すれば1日に必要なルテインの量が摂取できるということですね。

 

また、えんきんには目の健康に欠かせないアスタキサンチンやシアニジン-3-グルコシドなどもたっぷりと配合されています。

えんきんにはこれらの主な配合成分だけでなく、他にもビルベリーエキス20mg、アントシアニン2.3mgなど目に効果のある成分がたくさん配合されています。

毎日欠かさずえんきんを摂取すれば、効果を感じやすくなるでしょう。

 

えんきんと一緒に届けられた冊子には、えんきんの配合成分とその働きが丁寧に解説されています。

それを読んで、えんきんに配合されているDHAには、視神経や網膜を守る働きがあるということがわかりました。

DHAが目に良いということを知らなかった私は、びっくりしました。

ルテインとアントシアニンを一度に摂取できるのも嬉しいですね。

 

えんきんの色、匂い、味、サイズ

えんきんの袋を開けてみると、何の匂いもしません。

ソフトカプセルなので、匂いはないのでしょう。

色は、黒っぽい紫色です。

 

サイズがそこまで大きくないため、飲みにくいことはないでしょう。

サプリは基本的に味がしないのですが、えんきんを口に入れて驚きました。

どうして驚いたかというと、アメを口に入れたときみたいなほんのりした甘みがあったからです。

えんきんに配合されているブルーベリーの味かもしれませんね。

 

えんきんを初めて摂取

サポートセンターに、飲むタイミングについて問い合わせてみました。

すると、毎日だいたい同じくらいの時間に摂取することを教えてもらいました。

そこで私は、夕食後に摂取することに決めました。

えんきんを初めて摂取した日は、特に効果はありません。

継続して摂取することが大切なので、これからの効果に期待しています!

 

えんきんを摂取して1ヶ月目

えんきんを摂取してから、1ヶ月が経過しました。

目の疲れが緩和した感じはしませんが、首があまり凝らなくなってきました。

そして最も嬉しいのが、仕事をしているときに

 

  • 「池」と「地」
  • 「高」と「髙」

 

の違いを見分けることができるようになったことです。

 

えんきんを摂取して3ヶ月目

えんきんを摂取してから、3ヶ月が経過しました。

今までは、朝早くから仕事をする日は目がボヤけることがよくありましたが、最近はボヤけることが少なくなってきています。

会社でパソコンの作業をしているときに、冊子に載っていたぐるぐる運動を行っています。

目のサプリで不足している成分を補うことも必要ですが、毎日の生活で疲れをためないようにしたり、体の筋肉を動かして血流を良くしたりすることも目にとって大切なことです。

 

えんきんを摂取した感想

えんきんは、飲むだけでいいのでとても手軽です。

また、顆粒ではないので摂取しやすいです。

私は面倒くさがりですが、毎日問題なく摂取しています。

えんきんを摂取するようになって、摂取するのを忘れたり摂取するのを面倒に思ったりしたことはありません。

 

ただ、薬ではないので即効性はありません。

でも、毎日飲み続けていたら、徐々に変化を実感できるでしょう。

わたしの場合は

 

「なんだか最近肩や首のハリが和らいだみたい」

 

とか

 

「眼精疲労を感じることが少なくなった」

 

という感じでした。

えんきんを摂取していると、自然に辛さがなくなっていきます。

また、凝りのためになかなか寝付けなかった私は、えんきんを摂取してしばらく経ってからは寝つきの悪さもかなり改善されました。

相変わらずスマホはいじっているので、えんきんの力は本当に素晴らしいですね!

 

疾患や視力回復の効果は実証されていない

えんきんは、機能性表示食品に分類されるサプリメントです。

なので、主に健康を維持することに効果を発揮します。

医薬品ではないため、直接疾病や諸症状を治したり予防したりする働きは実証されていないので注意してくださいね。

 

目に関する様々な疾患は、栄養不足、運動不足、喫煙、光による刺激などが原因で生じます。

そのため、それらの疾患を根本から防ぐためには、生活習慣を見直すことがポイントです。

目に必要な栄養素を摂り、禁煙をして適度な運動をすることが大切です。

えんきんなどの目のサプリメントは、そのサポートとして利用すると良いでしょう。

 

えんきんを実際に摂取した人の口コミ!

えんきんのネガティブな口コミ

「効果がわかりません」

えんきんを続けて飲んでいますが、効果がまったくわかりません。なので、あきらめるつもりです。

「2週間摂取したけど効果を実感できませんでした」

テレビのコマーシャルでよく見るので、買ってみました。でも、2週間続けましたが、全然効果を実感できませんでした。

「視界が変化したのかどうかよくわかりません」

しばらく飲んでいます。でも、よく見えるようになったかと聞かれたら、特に変化はないというのが正直な感想です。

えんきんのポジティブな口コミ

「摂取した日としなかった日の違いが大きいです」

えんきんを飲み始めてから6ヶ月以上経ちます。摂取した日と摂取するのを忘れた日との違いはとてもはっきりしています。ピントが合わせやすくなって視界が良いと気分がいいので、ピントがぶれているときのようなストレスが少なくなります。

「飲みやすくて高い効果があるので気にっています」

えんきんが発売されてから飲み続けています。とても効果があるのでリピしています。かなり前にメガネを作ったのですが、そのメガネをかけなくても問題ありません。ソフトカプセルなので飲みやすいのも良いですね。楽天のセールのときはすぐに売り切れてしまうため、セールが始まる前に購入しています。

「目のかすみが減りました」

続けて飲んでいますが、目がかすんで見えにくくなることがほとんどなくなりました。

「視界が良くなりました」

友人がえんきんを教えてくれたので、購入しました。以前は、ブルーベリーなどのサプリメントを摂取していましたが効果がいまいちでした。でも、えんきんにしてからは、ぼやけて見えることがかなり減りました。数袋飲んで切れてしまったので、他社のブルーベリーの値段が高いサプリメントを買ったら、期待していたのに少しパソコンを見ただけでぼやけてしまいます。

 

えんきんの正しい使用方法!

毎日継続して摂取

えんきんを毎日継続して飲むことは、効果を実感するためにとても大切なことです。

公式サイトにも載っているように、毎日続けることによって効果をより早く実感できるでしょう。

慣れるまでは毎日飲むことが難しいかもしれませんが、自分の生活パターンに合わせて飲みやすいタイミングを見つけて継続して飲んでくださいね。

1日に2粒摂取

えんきんの1日の摂取目安量は2粒です。

1粒ずつ2回に分けて摂取しても問題ありません。

目の調子が悪いとき、目に違和感があるとき、ピントが合わないとき、効果を早く実感したいとき、などはたまに2粒以上飲んでも良いでしょう。

ただ、基本は1日に2粒摂取ということを忘れないでくださいね。

 

1日分の摂取目安量は、配合成分の有用性や安全性などを考えて決められています。

なので、摂取目安量を守ると効果が発揮されやすいのです。

臨床試験も1日2粒の摂取で行われた結果が出ています。

食後に摂取すると効果的

ファンケルの相談室によると、えんきんを食後に摂取すると吸収率が高まって効果的だということでした。

食後は胃腸の働きが盛んになるため、消化吸収力がアップします。

えんきんに配合されているブルーベリーや黒大豆種皮に含まれるシアニジン-3-グルコシドは24時間働きが続くので、毎日できるだけ同じくらいの時間に摂取することをおすすめします。

 

つまり、毎日同じ時間にえんきんを摂取するようにすれば効果を実感しやすくなるということですね。

だいたいいつも同じ時間に食事をするので、食後にえんきんを摂取すると効果的です。

そうすれば、飲み忘れを防ぐこともできるでしょう。

 

夕食後に2粒摂取する方法で、臨床実験も行われました。

ただ、朝と夜に1粒ずつ飲んで効果を実感したという人もたくさんいるので、自分の生活スタイルに合わせて摂取すると良いでしょう。

水と摂取する

えんきんは

 

「水などと一緒に飲む」

 

と載っています。

お茶やコーヒーと一緒に摂取するのも良いのですが、水で飲むことを推測して作られているのでえんきんの効果を最大限に活かしたい場合は水と一緒に飲むことをおすすめします。

薬との併用は事前にチェック

基本的には、えんきんと薬や他のサプリを併用することに問題はありません。

ただ、薬を摂取しているときは弊害が出る可能性もあるので、医師や薬剤師に確認してくださいね。

ファンケルの

 

「サプリメント相談室」

 

でも、薬の名前を伝えたら調べてくれます。

えんきんと併用する前に、チェックしてくださいね。

 

業界も驚くえんきんの効果!

日本初の機能性表示食品

えんきんは、日本初の機能性表示食品として認定された健康食品です。

機能性表示食品とは何かというと、商品のパッケージに

 

「おなかの調子を整える」

 

「脂肪の吸収を穏やかにする」

 

などの健康維持や効果が期待できるという表示をしても良い食品のことを言います。

もちろん、健康維持や効果が期待できる表示ができるようになるには根拠が必要です。

 

機能性表示食品として認定を受けるためには、ヒトによる試験、または論文や文献などを引用して有効性、機能性、安全性の科学的な根拠を示してから消費者庁に届け出を提出しないといけません。

根拠となる研究データなどは情報公開されているため、いつでも確認することが可能です。

えんきんは

 

「中高年の男性と女性に臨床試験を行ったところ約4週間でピント調節に改善があった」

 

という報告によって機能性があることが証明されています。

えんきんには、くっきりを補助するシアニジン-3-グルコシド(アントシアニン)、天然のサングラスであるルテイン、ピント調節をサポートするアスタキサンチンなどの成分が配合されています。

えんきんは

 

「見る」

 

「眺める」

 

「読む」

 

喜びを補助する機能性表示食品として高い人気を誇っているのです!

ピント調節だけでなく総合的な健康サプリのえんきん!

ファンケルのえんきんは、目の老化が原因で衰えてしまうピント調節力をサポートしながら、肩や首への負担を減らすことにも有意な臨床試験結果が出ています。

毎日パソコンを使っている人は、特に変化を感じやすいです。

えんきんには見る機能を補助する成分以外に、DHAビタミンもたっぷりと含まれています。

ブルーライトケアにも良く、えんきんには積極的に摂取したい成分がたっぷりと詰まっています。

実感度は93%で愛用者は100万人を突破!

ファンケルのお客様アンケートでは、えんきんを摂取して3ヶ月以内に変化を感じた人がなんと93%という素晴らしい結果でした。

目のサプリメントとしては、驚くほどの数字ですね。

えんきんの愛用者が100万人を突破しているのも納得です。

 

値段も良心的な設定で、割引がある定期コースにするとさらにお得に購入できます。

ただ、初めてえんきんを摂取するのにいきなり定期コースで注文するのは、抵抗を感じる人も少なくありません。

なので、ファンケルでは初めてえんきんを試す人のために、4週間分のお試し価格も用意しています。

お試し価格なら、リスクなしでえんきんを手軽に試すことができますね!

 

えんきんの副作用は大丈夫?

えんきんの配合成分
食用油脂、DHA含有精製魚油、アスタキサンチン含有ヘマトコッカス藻エキス、黒大豆種皮エキス、ビルベリーエキス/加工デンプン、グリセリン、ゲル化剤(カラギナン)、ミツロウ、ルテイン、ゼアキサンチン含有マリーゴールド色素、酒石酸、リン酸ナトリウム、酸化防止剤(ビタミンE)

えんきんの成分をチェックしてみたら、黒大豆種皮エキスが26.5mg配合されていました。

なので、大豆アレルギーがある人は、えんきんの摂取は控えてくださいね。

また、妊娠している女性や授乳中の女性にも、えんきんはおすすめできません。

 

その他の成分に関しては特にアレルギーがないので、大豆アレルギーの人でなければ安心してえんきんを摂取できるでしょう。

ただ、いくらえんきんには副作用がないからといっても、過剰摂取をするのはいけません。

 

また、使用方法を守っていれば問題はないのですが、万が一えんきんを摂取していて気になる症状などが出た場合は、医師や薬剤師に相談してみてくださいね。

 

ファンケルのえんきんとDHCのはっきりを比較!

はっきりとえんきんの比較表

名称 ファンケルえんきん DHCはっきり
価格 1,950円 1,580円(定期コースは5%割引)
送料 3,000円(税込)未満の購入なら460円(税込)

3,000円(税込)以上の購入なら100円(税込)

全国一律500円

3,000円(税込)以上の購入で送料無料

60粒(約30日分) 60粒(約30日分)
種類 錠剤 カプセル
製造国 日本 日本
返金保証期間 なし なし
定期コースの条件 なし なし
安全性 着色料、香料、保存料の添加物は不使用 グリセリン脂肪酸エステル、ゼラチン、着色料(カラメル、酸化チタン)以外の添加物は不使用
主な効果 ピント調節効果 目の疲れ・乾きを抑制
その他の効果 眼病予防・疲れ目・首や肩の負担を緩和 かすみ・充血を緩和
1日の使用目安量 2粒 2粒
1日の使用回数 1回 1回
主成分 ビルベリーエキス、黒大豆種皮エキス、ルテイン、アスタキサンチン、DHA.、カシスエキス 菊花エキス末(菊花エキス、デキストリン)、ブルーベリー(ビルベリー)エキス末、黒大豆種皮抽出物、カシスエキス末
価格と量の詳細を比較!
どちらがお得?

DHCはっきりは値上げがされましたが、それでも1,706円なので良心的ですね。

私は複合サプリのほうが効果がある気がするため、複合の目のサプリとしてDHCはっきりはお手頃でしょう。

DHCはタイツやクレンジングなど様々な商品の取り揃えがあるので、他の買い物も一緒にしやすいです。

ただ、ネットで商品を購入する場合は、ファンケルのえんきんのほうがお得でしょう。

 

初めてえんきんを買う場合は、1ヶ月分をたったの1,000円で購入できるからです。

効果をしっかりと感じたい場合は複合ものがおすすめなので、ブルーベリー以外にルテインや他の成分も配合されていて名前が知れた販売会社のものを選ぶと良いでしょう。

価格だけに気を取られて安い商品を購入すると、効果が実感できないこともあるので気をつけてくださいね。

配合量について比較

DHCはっきりは、2粒にブルーベリー(ビルベリー)が100mなので多くはありませんが、菊花エキス末300mg、黒大豆種皮抽出物100mg、カシスエキス末100mgなどが配合されているので全体で見ると量は多いです。

DHCはっきりはカプセルタイプなので、1粒にたくさんの量を詰めることができて不要な油を含む必要もありません。

なので、カプセルのほうが成分的にお得ですが、喉に詰まって飲みにくいという点もあります。

 

一方、ファンケルのえんきんは、量をたくさん配合しても使われずに排出されてしまうことがあるので適量が大切という考えがあるため、量よりもバランスに重点を置いている感じです。

2粒にルテインが10mg、ブルーベリー(ビルベリー)エキスが20mg、黒大豆種皮エキスが26.5mgとなっているので、全体的に少なめの量となっていますね。

ただ

 

「信頼のおける会社であるファンケルがこの量にしているのできっと良いはず」

 

という気持ちで購入できるところがあります。

えんきんは、最も小さくて飲みやすい錠剤です。

えんきんのパッケージにも載っているように

 

「手元の小さな字が読みにくい」

 

とか

 

「メガネに頼りたくない」

 

と思っている人におすすめです。

口コミをチェックしてみても、それらの効果を感じている使用者がたくさんいることがわかります。

ファンケルえんきんが向いている人!

えんきんを実際に摂取した人の口コミをチェックしてみたら、やや年配で目のトラブルを感じている人が多いという傾向がありました。

ただ、近年ではスマホを使う人が非常に増えているため、目が疲れるのは若い人のほうが多いようです。

ブルーライトが目に影響したり、スマホ老眼という言葉ができたりしているくらいです。

なので、パソコンやスマホの画面を見過ぎたりしないように気をつけて、えんきんサプリなどで目をいたわることが大切です。

 

えんきんは、臨床試験で目のピントを合わせる能力が改善したということが報告されています。

また、えんきんには、根拠がある成分が配合されています。

目を酷使することによって生じる肩や首の凝りなども減少することが期待できます。

目をよく使う現代人には、えんきんは必要不可欠な存在とも言えますね。

えんきんがオススメの人

「ルテインも配合されているブルーベリーサプリメントを求めている人」

 

「毎日長時間パソコンを使用する人」

 

「小さい字を読むときにストレスを感じる人」

 

「手元がぼやける人」

 

「眼精疲労から生じる首や肩の凝りを緩和したい人」

 

「メガネをかけたくない人」

 

「目が悪いので目つきが悪く見える人」

 

えんきんを最もお得に購入できるところを教えて!

ドラックストアなどの実店舗での購入

えんきんがドラッグストアや薬局で販売されていたら、購入するのに便利ですよね。

なので、近所のマツキヨとスギ薬局に行ってみることにしました。

まずは、マツキヨです。

さっそく行ってみると、えんきんが販売されていました。

次にスギ薬局に行ってみると、ここでもえんきんが販売されています。

 

私が行ったマツキヨとスギ薬局では、両店舗とも1,050円(税別)で販売されていました。

さらに、サンドラッグやツルハドラッグなどの大手薬局に行ってみると、同じようにえんきんが販売されています。

ただ、店舗によってはえんきんを仕入れていないところもあるかもしれないので、気をつけてくださいね。

楽天・Amazonでの購入

楽天をチェックしてみると、1袋60粒入り(約1ヶ月分)が1,680円( 税別)で販売されていました。税込だと1,814円ですね。

送料は別途かかります。

Amazonをチェックしてみると、1袋60粒入り(約1ヶ月分)が2,050円( 税込・送料込)で販売されていました。

以上のことから、楽天やAmazonでは送料がかかることがわかりますね。

ネットで購入するときは、一見お得に見えても最終決済で驚く価格になることがよくあるので気をつけましょう。

 

初回お試しがあるのは公式サイト!

初回お試しは、楽天とAmazonにはありません。

なので、えんきんを試してみたい人は公式サイトから購入するとお得ですね。

調べた時点では、単品購入なら楽天が最も安いのですが、送料が別途かかるし約2週間分となっていました。

公式サイトなら、4週間分がたったの1,000円で購入することができます!

 

送料はもちろんかからないし、代引き手数料もかかりません。

初めてえんきんを試す人には公式サイトでの購入をおすすめします。

また、定期コースがあるのも公式サイトだけとなっています。

 

毎月注文するのが面倒な場合は、公式サイトの定期コースを利用すると便利です。

90日分をまとめ書いしたら、1袋につき約1,749円になるのでとてもお得ですね!

 

ファンケルえんきんのまとめ

ファンケルのえんきんについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

えんきんは、機能性表示食品の認定を受けた安全なサプリメントです。

最近目が疲れやすい人、小さい文字が見えにくい人、文字がかすんで見える人などにえんきんをおすすめします。

また、眼精疲労からくる肩や首の凝りなどに悩んでいる人にも改善の効果が期待できるでしょう。

ぜひ公式サイトのお得なお試し価格を利用して、えんきんの効果を実感してみてくださいね!